2010/07/07

ピアノメンテナンス <ハンマーファイリング>

皆さんご存知のようにハンマーが弦を叩く事で音が鳴ります。

しかしながら、幾ら堅いフェルトのヘッドも弦を長年叩くと弦の当る部分が凹んできます。

この症状になると音色が固くなったり、音の出方にバラつきが出たりします。

この症状を解決するには、ハンマーヘッドをヤスリで削り、一皮剥いて新しいフェルト面を出してあげる必要があります。

ハンマー作業前

ハンマー作業前

ハンマー作業後2

ハンマー作業後

 


コメントを行う

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

最新の情報

家屋から出せないピアノを救出

先日、増改築を繰り返され家屋2階から搬出出来ないピアノを普通じゃない方法で搬...

続きを読む »

P1030822


ピアノ 海外へ旅立ち

おはようございます。 まだ朝6時30分です。 一日の運送作業に出発する前...

続きを読む »

写真 1


通路幅より大きい商品を運搬?

本日の現場紹介は通路幅30cm強しかない経路に対して、 幅50cmのエネフ...

続きを読む »

150107_1335


»一覧表示

お客様の声

通路幅より大きい商品を運搬?

本日の現場紹介は通路幅30cm強しかない経路に対して、 幅50cmのエネフ...

続きを読む »

150107_1335


タンノイ(TANNOY)製スピーカー輸送

新年あけましておめでとうございます。 昨年は当ホームページより多くの企業様...

続きを読む »

P1030785


中古ピアノ買取問い合わせ

愛知県の刈谷市のお客様から不要になったヤマハの中古ピアノの買取問い合わせを頂...

続きを読む »

piano2


»一覧表示

社長ブログ

新年明けましておめでとうございます。

今年も一年が始まります。私は、一足先に会社に出てゆっくりと会社の中で 一年...

続きを読む »


青年部会

先日、11月16日 京都市で全国のピアノ運送会社の会合がありました。 私は...

続きを読む »


ジェイカス株式会社

大阪ガスのエネファームの納品に彦根まで行って来ました。 今回は、同じ西宮市...

続きを読む »

画像 001


»一覧表示